シミやしわが目立ち始めた40代の肌へ【基礎化粧品で蘇る肌】

婦人

美しい肌をつくる

ソープ

目的に合わせて使い分ける

肌を洗浄するアイテムとして洗顔フォームを利用する人が多くいますが、最近では洗顔石鹸の需要が増加しています。洗顔石鹸は洗顔フォームに比べて、界面活性剤などの合成成分が配合されていないことから、肌への負担が少ないのが特徴です。余分な成分が含まれていないことから、すすぎやすく、石鹸に含まれる有効成分の働きも享受しやすい傾向です。このため、自身が気になる肌のトラブルに合わせて洗顔石鹸の種類を選択するとよいでしょう。例えばニキビ肌用や美白用、アンチエイジング用など目的別に多くの種類が販売されています。それぞれ配合されている成分や泡立ちなどに違いがあるため、一番気になる肌の状態に合わせて使用することが推奨されています。

様々なタイプがある

洗顔石鹸は目的に合わせて選択が可能な位、様々なタイプが販売されています。配合されている成分にそれぞれ違いがあるのが特徴です。例えばニキビ肌用の洗顔石鹸や美肌用の洗顔石鹸の多くはAHAと呼ばれるフルーツ酸が配合されている場合があり、肌のターンオーバーを促進してくれるのが特徴です。また、最近では温泉成分やコラーゲンなどが配合されている洗顔石鹸も多く、肌を潤わせながら洗顔することができるのです。それとは反対に余分な成分を加えないで、天然の成分のみで作られたシンプルな洗顔石鹸も多く、敏感肌の人やアトピー肌の人が使用しても安心なアイテムも豊富に販売されています。このように様々なニーズに対応して利用できるのが洗顔石鹸の魅力なのです。